カンカ・きれいゆの公式通販サイト あかりえ

フリーダイヤル0120さばくにはる

よくある質問

きれいゆについてのよくある質問を掲載しています。

きれいゆについて
きれいゆを知る
きれいゆって何?
どういった人に良いの?
ブースターって何?
どんな成分が入っている?
どこで作られている?
きれいゆの使い方
どうやって使うの?
いつ使うのがいい?
オススメの使い方は?
きれいゆの安全品質
白い粒々について
アレルギーについて
安全なのかしら?
油やけはしないの?
どれくらい保管できる?

きれいゆを知る

きれいゆって何ですか?

体重の1%以下しか採れない極上の馬油を、丁寧に精製した美容オイルです。

馬のタテガミ下にあるコウネという部分を丁寧に精製した、美容オイルです。
食用馬一頭およそ1000kgから、一般的な馬油は200kg程度採ることができますが、大半はあちこちの内臓脂肪をかき集めたものが占めています。しかし、コウネは一頭から10kgも採ることができません。この大変貴重な部位であるコウネだけを用いたのが、きれいゆです。一部位(コウネ)だけですので、品質も安定し、ニオイも発生しにくいので、従来の馬油ではお顔に使うのに抵抗があった方にも、気兼ねなくお使いいただけます。
どういった人に良いのですか?

乾燥肌、油分バランスの良くない方のお悩みを解消し、より上質の肌づくりを目指す方にオススメです。

一般にスキンケアの要は美容オイルだといわれます。きれいゆは、肌との相性が大変よく、角質層までしっかりと浸透するので、不足しがちな脂質を補い、お肌を健やかに保ってくれます。そのため、乾燥肌の方、水分と油分のバランスが良くない方、より高いレベルのスキンケアを目指す方にぜひお使いいただきたいスキンケア品です。
お肌の乾燥やTゾーン・Uゾーンのバランスにお悩みの方、天然・安全に意識が高く本物を求めている方、既存のオイルでは納得できない方に、自信を持ってお勧めできます。
ブースターって何ですか?

きれいゆは、肌を柔らかく保ちながら、ほかの化粧品の働きも高めます。

ブースターとは、肌への浸透スピードが速いために、あとからつける化粧水等も一緒に肌の中へ引っ張り込んでくれる(浸透を助ける)働きをいいます。ただ、肌が硬いままだと、いくら高価な化粧品を付けても、効果はあまりありません。
きれいゆは、肌を柔らかく保ち浸透力も大変高いので、良好なブースターとして働いてくれます。お手持ちの化粧水・美容液の働きをより高めてくれますので、毎日使うごとに健やかなお肌を楽しめます。
どんな成分が入っていますか?

天然のコウネ100%のみ。香料や保存料は一切添加しておりません。

低質の馬油は、酸化によるニオイが発生しやすいです。そこで、酸化を抑えるためにトコフェノール(ビタミンE)を保存料として高配合していたり、ニオイをごまかすための香料を添加したりします。でもこれらは、あくまで製品のためのもので、スキンケアのために配合されたものではありません。
きれいゆは、内容の100%を天然のコウネが占めています。香料・保存料を一切加えていませんので、100%すべてをスキンケアにお役立ていただけます。
どこで作られているの?

原料から製造まで、日本国内です。

原料の元となる馬たちは、九州・阿蘇の提携牧場で育てられています。原料から製造まで日本国内で、かつ国内有数の品質管理が整っているラインで行なっています。

きれいゆの使い方

どうやって使うのですか?

カプセルの先端を切り取り、適量を手に取ってお肌によく伸ばしてください。

ハート型のカプセル(粒)のくびれた部分を優しくひねって、切り取ってください(もし切りにくい場合は、はさみ等で先端を切り取ってください)。ゆっくりとハート部分を押して、少しずつオイルを出してください。
いつ使うのがいいですか?

洗顔後、化粧水の前にお使いください。

お肌を整えて、次に使う化粧品の働きを高めますので、洗顔後にまずご使用いただき、そのあとに化粧水などお手持ちの化粧品をご利用ください。浸透がいいので、お肌の上で持て余すことなく、朝晩どちらでもお使いいただけます。
オススメの使い方は?

お顔を包み込むように、全体にやさしく。首やデコルテまで

洗顔後、お顔に水滴が残る状態のまま、きれいゆを手のひらでやさしく擦り合わせるように暖めます。その手のひらで、お顔を包み込むように、全体にやさしく押さえます。気になる部分は、少しなでるように当てます。伸びがいいので、首やデコルテ部分まで対応することができます。

きれいゆの安全品質

アレルギーについて

アレルギーテスト済みです。

人の肌に皮膚アレルギー性を示さないことを確認するためのアレルギーテストを行っています(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません)。
安全なのかしら?

そのまま食べられるほど安全です。

原料であるコウネ(馬のタテガミ下の部位)は、熊本の馬刺しで生で食べることができる「食品」です。きれいゆのコウネも、この食品由来なので、とても安全です。うっかり赤ちゃんが口にしても、基本的には問題ありません(ただし、きれいゆは食べ物ではありません)。
油やけはしないの?

原則、油やけしません。

すばやく浸透してしまうので、油やけするような時間、お肌の上で留まることはありません。そもそも油やけの多くは、精製度の低い鉱物油によって起こるとされ(諸説あります)、酸化による刺激が色素沈着を引き起こすものとされます。きれいゆに鉱物油は一切含まれておらず、精製度も高く酸化しにくいので、ご心配は無用です。
なお、きれいゆには、日焼けを防ぐ効果もありませんが、日焼けを促進する効果もありません。
どれくらい保管できますか?

3年が目安です。

ご使用期限の目安は3年です。カプセルごとに密封しており、使うたび新鮮なオイルをお使いいただくことができます。直射日光、高温多湿な場所を避け、冷暗所で保管していただければ長くお使いいただけます。
白い粒々について

品質に問題ありません。

季節によって、まれにオイルの中に白い粒々が含まれていることがあります。これは、コウネが気温等の原因で固まっているために起こる現象です。品質には問題ありませんので、ご安心ください。
ただご使用にあたって、この粒々が気になるかと思います。手などでよく温めてじっくり解かしていただくか、その粒々だけを取り除いてお使いいただくことをお勧めしています。
カプセルに充てんする時点では管理を徹底しておりますが、天然のオイル100%を用いていますので、完全に排することはできません。ご理解くださいますようお願いいたします。